入院案内

地域包括ケア​

当院においては、2019年4月より、急性期治療後のリハビリ・在宅復帰に向けた医療や支援を行うため、「地域包括ケア病床」をオープンいたしました。

急性期治療を経過し、症状が安定した患者さまに対して、在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行っています。

地域包括ケア病床とは?​

「地域包括ケア病床」とは、急性期治療を経過し、症状が安定した患者さまに対して、在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行う病棟です。

一般病棟にて症状が安定したものの、早期での退院や在宅での療養に不安がある患者さんについて、「地域包括ケア病床」での在宅や施設への復帰に向けた入院治療によって、安心して退院していただけるよう支援していきます。

心身が回復するよう医師や看護師、病棟専従のリハビリテーション科のセラピスト等により、在宅復帰に向けて治療・支援を行っていきます。また病棟専任の退院支援看護師が患者さんの退院支援、退院後のケアについてサポートします。

地域包括ケア 4つの機能​
  1. 急性期からの受け入れ →在宅復帰率の短縮
  2. 在宅・生活復帰支援 →在宅患者あのバックヘッドとしての機能
  3. 緊急時からの受け入れ →在宅からの受け入れ
  4. 在宅復帰を目標としている →対象者にはリハビリを行います

どんな場合に入院となるのか

一般病棟より地域包括ケア病床へ転棟していただく場合は、患者さんとご家族にご相談させて頂きます。ご了解いただけた場合、地域包括ケア病床へ移動し、継続入院となります。 入院期間は、状態に応じ調整いたします。

対象となる患者さま

肺炎、リハビリテーション、レスパイト、人工呼吸器、筋ジストロフィー、骨折、感染症、神経難病

地域包括ケア病床 メリット​

最大60日間入院可能

比較的長期間の中で完治を図り、在宅や介護施設への復帰に向けた準備期間を充分に取ることができます。社会復帰までの準備期間として、リハビリテーション、及び、社会福祉サービスを行うことが可能です。

また、介護保険について、新規にて申請を行うことができます。元の施設への退院を希望される患者様の場合、当該施設へのご案内を優先させて頂きます。(早期に退院日決定出来る方に限り)

一時的な入院の対応可能

熱発や肺炎になった方の急性増悪に対応可能です。 また、ご家族の負担軽減としてのレスパイト入院にも対応可能です。

充実したリハビリや退院支援

病床専従のセラピストにより、ご希望や体調に合わせたリハビリテーションが可能です。急性期からの術後の患者さまや、介護施設から入院される患者さまにも手厚いリハビリテーションの提供が可能です。

また、病院専任の退院看護師が、退院支援、退院後のケアについて、サポートします。

入院費用について​

地域包括ケア病床に入院された場合、入院費として「地域包括ケア入院医療管理料4」を算定します。入院費は定額で、リハビリテーション・投薬料・注射料・処置料・検査料・入院基本料・画像診断料等のほとんどの費用が含まれています。 治療内容によっては、一般病棟より自己負担金が増額する場合もありますが、月の医療費の負担条件が定められていますので、一般病棟の場合と負担上限は変わりません。(75歳以上ではほとんどの場合増額はありません)

入院に対する留意事項について​

一般的な検査・レントゲン検査・投薬治療は可能です。 症状の変化により主治医が集中的な治療が必要と判断した場合、一般病棟や医療療養病床に変更することがあります。

リハビリについて​

ご希望状況や体調に合わせてリハビリを行うことが可能です。ご要望の際には医師とご相談ください。

医療療養病棟

急性期医療の治療を終えても、引き続き医療提供の必要性が高く、病院での療養が継続的に必要な患者様や慢性疾患で症状は安定しているが継続して療養が必要な患者さまのケアを行っています。

医療療養病床とは?

医療療養病床とは、急性期医療の治療を終えても、引き続き医療提供の必要性が高く、病院での療養が継続的に必要な患者様や慢性疾患で症状は安定しているが継続して療養が必要な患者さまを対象にご利用頂く病床です。

このような慢性期の患者様に対し、医療の必要度に応じた医療区分及び日常生活自立度の視点から考えられたADL区分による包括評価をする事となっております。

入院の対象となる患者さま

  • 当院に入院中で、症状が安定期に入り、継続して療養が必要な方
  • 他院に入院中で、症状が安定期に入り、引き続き医療処置が必要な方
  • 在宅療養中でかかりつけ医が必要と認めた方
呼吸管理
酸素吸入、気管切開、吸引
栄養管理
中心静脈栄養
その他医療管理
悪性腫瘍、ドレーン、血糖コントロール
精神症状
うつ、せん妄や暴力
処置
創傷処置、褥瘡処置

入院申し込みについて​

他の医療機関等から転院をご希望の方は、入院されている病院の主治医にご相談ください。また在宅から入院をご希望の方は、かかりつけ医と相談の上、申し込みください。申し込みの際に入院までの流れなどをご説明します。

入院費用について​

医療費は診療報酬で定められた入院基本料で計算し、健康保険の負担割合に応じて自己負担を頂きます。お支払い頂く入院費用は健康保険の種類、各種医療証、自己負担限度額などにより異なります。その他、入院時の食費の定額負担を頂きます。

入院について

入院手続​

寝具は病院備付でご準備しますので必要ありません。食事は管理栄養士の指導に沿って提供します。詳細は受付窓口にてお問合せください。

面会時間​

平日:13:00~20:00、休日:10:00~20:00

病床数

一般病床:22床、地域包括ケア病床:38床、療養病床:60床